SACHS Coilover Suspention + Maintenance for BMW M4

M4が発売され今年で4年、走行距離も4万キロを超えている車も
ちらほらと出て来ているのでは?今回はバイク乗りのK様のM4の
サスペンション交換と油脂類、DCT、プラグなどのメンテナンスを
させて頂きました。

サスペンションはストリートからスポーツ走行に対応したSACHS RS-1に
前後共に純正のアッパーマウントも交換しました。外したリアのショックは
4万キロで、左右で伸びのスピードが全く異なっておりました。
サスペンションの取付にも独自のノウハウで、インパクトを使わず
自作のSSTを使用して締めこみます。

入庫時の車高は左右で約8mmほどズレがあったので、今回は低い方の
車高から前後共に10mmダウンに。まだまだ下げる事は可狽ナすが、
K様の乗り方のスタイルに合わせセッティングをしました。

DCTは専用の診断機を使いオイルパン、オイルパンBOLT、フィルター、
ストレーナーを交換。オイルはMOTUL DCTFを使用し学習機狽�
リセットしました。通常の車はストレーナーか、オイルパンのマグネット
しかありませんが、フィルターも付いているという事は、それだけ
汚れるという事ですね!

M4は水冷インタークーラーになっておりクーラント交換も大変で、診断機を
使ってエア抜きを行います。ブレーキフルードも圧送式の機械使いABS内の
フルードを交換します。

デフオイルは初めての交換のようで真っ黒に。

プラグ交換は色々と外さなければならないのでちょっと大変。

サスペンション装着後に私がナラシ走行を行い、再度車高調整を行いました。
最後は高速安定性を重視セッティングにてアライメント調整を行い完成。

ここまでメンテをすると、車がリフレッシュされ喜んでいるようです。
いつも、有難うございます。次回は100psアップのメニューをご用意して
お待ちしております。(笑)

明日は定休日なのですが車検の車が2台あり・・・・(^_^;)
とにかく頑張りマス!

Related Posts

Events

最近の投稿

アーカイブ