BMW E36M3C 第一弾のレストア修理完成

一週間ぶりでスミマセン。相変わらずPITは車検整備や修理の車が多く、そんな中
海外から新しいメーカーのエンジニアが来日したりとバタバタで猫の手欲しいです。

そしてレストアで長い間お預かりしておりましたE36M3Cを納車させて頂きました。
ボディはクリアが剥がれ白く濁っており、沢山のエクボの板金からスタート。
オールペイントは前後左右のガラスを外しゴムモール類は全て新品に。
ボロボロだったドアパネルはスッキリと前後レース用に変更。
更にお預かり中に持病のエンジン不調が再発?在庫車のM3Cを並べて、センサー類を交換
しながらトラブルシューティングすること二週間。 原因は電気系の社外パーツが
悪さをしてDME内の基盤の一部が焼けておりました。流石に23年も経つと想定外な
事が起こるようです。 この度は長い間お預かりしてしまい申し訳ございませんでした。
外装はバッチリと仕上がったので、次回は少しずつエンジンにも手を入れて行きましょう。
毎度、有難うございました。

Related Posts

Events

最近の投稿

アーカイブ